山田昇記念杯登山競争大会とクライマー

群馬県沼田市出身で8000m峰14座のうち9座に登頂している伝説のアルパインクライマー、 世界の8000m峰完登を目前にして冬のマッキンリーに逝った山田昇氏を顕彰して、 20回にわたって開催されていた「山田昇記念杯登山競争大会」から、 海外のウルトラトレイルレースに通じる本格的山岳コースとして、 技術難易度の高いレースが臨める「上州武尊山スカイビュートレイル」へリニューアルした。 「登山」を基本として10Kgの負荷を背負って競う「山田昇記念杯登山競争大会」のスタイルから、 昨今道具の進化も進み軽量化されていくことも踏まえ、必携品を携え競うレースへと進化させた。 山田昇氏と三枝照雄氏、両者の業績を讃え本大会でも「山田昇杯」と「三枝賞」を設け、 次代を背負う若者の活躍の励みになるよう引き継いだ。 コースは日本百名山・山岳信仰の山でもある上州武尊山 (2158.3m)の雄大な眺めを楽しみながら、 その周辺町村、川場・みなかみ・片品を巡るコースで、 本大会の為に伝説の古道や埋れた登山道を復活させた厳しくもロマンあふれる「旅」が楽しめる自然豊かなトレイルです。 順位やタイムといった結果だけでなく、上州武尊山とその自然が育んだ素晴らしい景色を楽しんでいただきと願っています。

山田 昇 (NOBORU YAMADA)


1950年(昭和25年)2月9日-1989年(平成元年)2月24日 日本のヒマラヤ登山家。群馬県沼田市出身。8000メートル峰14座のうち9座に12回登頂し、 その多くを冬季や、未踏の難ルートからの登攀で達成している。 8000メートル峰9座登頂は、名塚秀二、田辺治、近藤和美と共に、 全14座達成の竹内洋岳に次ぐ日本人2位の記録。冬季マッキンリー登攀中に、 不慮の遭難死を遂げる。山田昇記念杯にその名を残し、生家には記念館としてゆかりの品が保管されている。 彼が遭難死した1989年当時8000m峰14座登頂を成功していた登山家は1986年秋ローツェ(8516m)登頂で達成した ラインホルト・メスナー(42歳、イタリア)と、 翌1987年秋にシシャパンマ(8027m)で達成したイェジ・ククチカ (39歳・ポーランド)のみで、山田昇氏は9座12回世界中で3番手につけていたのである。スイスのマルセル・リュエディは 1986年秋12座目のマカルー登頂の翌日肺水腫になり、生きてBCまで帰れなかった。彼の亡き後3人目の完登者出現は6年を経た 1995年のカンチェンジュンガ(8585m)で終えたエアハルト・ロレタン(36歳・スイス)であった。

三枝 照雄(TERUO SAEGUSA)


1958年-1989年(平成元年)2月24日 日本の登山家。群馬県出身。 群馬県立沼田高等学校で山岳部に入部し、山に取り付かれた。 彼のヒマラヤへの憧れは高校1年生で参加した県総体で見た、群馬県山岳連盟のダウラギリⅣ峰登山(1972年)を 撮影した8ミリ映画の空の色だった。 「自分のこの眼であのヒマラヤの紺碧の空を見たい」であり、「行くぞ」 という意志に変わったのは大学山岳部2年、1979年であった。 1988年5月5日、日本テレビの開局35周年番組 『チョモランマはそこにある』にテレビクルーとして参加し頂上からの生中継を成功させた。しかし、1989年2月、 マッキンリーで山田昇、小松幸三とともに遭難死を遂げる。 彼のヒマラヤ登山は全て山田昇氏と一緒であった。 山田昇氏の14座完登への残り7座登山の全てに同行することになり、彼自身8000メートル峰14座のうち4座、 5回登頂者となった。




上州武尊山スカイビュートレイル実行委員会会長


川場村村長  外山 京太郎



RACE COMMITTEE DIRECTOR


トレイルランナー 横山峰弘(MinehiroYokoyama)
THE NORTHFACEアスリート *群馬県みなかみ町在住。日本を代表するトップランナーであると同時に、山岳ガイドなど様々な資格を所有しその普及活動に従事する。

上州武尊山スカイビュートレイル
実行委員会

〒378-0101
群馬県利根郡川場村谷地2390-2
川場村役場内 
事務局直通 070-4476-4565
川場村役場代表 0278-52-2111
E-mail: admin@yamadanoboru.com